セサミンはごま油から摂れる

昔から、栄養の宝庫といわれているごま。
たんぱく質やカルシウム、ビタミンやミネラルなど、多くの栄養成分を含んでいることで有名である。
そのなかでも特に注目されているのがセサミンという栄養素である。
強い抗酸化作用の働きを持っており、肝臓で働くことでアンチエイジングやダイエット、美容、発がん性防止、そして更年期障害予防などといった健康にまで様々な効果を期待することが出来る。

主に、ごまの中に含まれているゴマリグナンと呼ばれる成分から抽出されている。
しかし、その量はごま1粒から約1%程度と非常に少ないため、希少価値の高い成分である。
一般的に1日に必要なセサミンの摂取量の目安とされているのは10mgと言われている。
これだけの量をゴマに頼って摂取しようとすると約3000粒ものごまを食べなければいけない。

また、豊富な栄養素を含んでいるごまだが、高カロリーという欠点があることから、毎日大量に食べ続けると肥満の原因にある。
一度だけではなく、毎日継続して食べ続けなければいけないことから、現実的には難しい。
最も効率よくセサミンを摂取するためには、主にサプリメントが好まれている
こちらには、セサミンサプリメントの実感ランキングというものが載っています。
数多くの商品の中から多くの方に愛飲されているサプリメントがどれなのかがわかるおすすめのサイトになります。
とくにこれから飲んでみようという方の参考になると思いますので、是非ご活用ください。

しかし、ごまを加熱することで、より効果的に摂取することが出来る。
セサミンは加熱調理しても失われることななく、それどころか、加熱するとセサモールやセサモール二重体という物質に変化。
抗酸化力も強まるので、加熱してからごまを摂取したい。

炒りごまや摺りごまなど、ごまを直接加工する方法もあるが、手間がかかる上に、早く食べないとごまがどんどん酸化してしまうため、長期保管することが難しい。
一方で、炒め物や揚げ物をする際にごま油を使用すると、なお効率的にセサミンを摂取できる。
セサミンは脂溶性の物質で、ごま油には同じ量のごまよりも多くのセサミンが含まれている。
ごま油であれば、比較的気軽に、そして手軽にどの料理にも使うことが出来るので、ごま油を使って、美容と健康を手に入れたい。