セサミンで冷え性を解消する

冷え性は特に女性に多い症状です。
冷え性は、いわゆる体質的な部分だけではなく、生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み重ねが原因になることがあります。
このことを、東洋医学では「積冷」と呼びます。
たとえば、エアコンの普及や衣服・食生活の変化、それに夜型の生活やストレスの増大も影響して現代人は冷えを感じやすくなっています。

冷え性は血行と密接な関係があり、血行が不順となると冷え性、頭痛、肩こり、生理痛、高血圧など慢性疲労感に直結するさまざまな症状が発症していきます。
とりわけ冷え性から高血圧状態になると、生活習慣病へもつながっていくリスクが高まります。
こうした悪循環を未然に防ぐ意味でも、早い時期に冷え性を改善しておく必要があります。

漢方では古くから衣食住をはじめとする生活全般にわたる注意、つまり養生が重視されており、冷え性対策においても、いろいろな角度から日常生活を改善していくことが有効です。
ごまは昔から健康食品として重宝されてきて、女性に不足しがちな鉄分やカルシウムといったミネラルをたくさん含む食品です。

ごまに含まれているセサミンは抗酸化作用が非常に強い成分で体内に発生した活性酸素を除去するという力を持っています。
人間の体内には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールは、体内においてあまりいい影響を及ぼさないため、除去する必要性があります。
セサミンは、過剰に増えすぎた悪玉コレステロールが活性酸素のために参加されてしまったものを取り除く作用があるのです。
この悪玉コレステロールは体内で増殖すると、血管内にこびりついてしまったり、血液をドロドロにしてしまったりするよくない影響を及ぼし、悪玉コレステロールが血管をつまらせてしまう大きな原因となっています。
セサミンによって悪玉コレステロールの増殖を抑えることによって、血液をサラサラに戻し、冷え性の改善にも繋げることができるでしょう。

小さなごまにほんの僅かしか含まれていないセサミンは、食事だけで接種することは困難です。
冷え性を改善するために効率良くセサミンを摂取するなら、サプリメントで補うことがオススメです。

こちらには実際にセサミンを摂っている方の声が載っています。
試したことがある方の多くは、嬉しい効果を実感できそのまま継続して摂り続けているようです。
まだ、飲んだことがない方も一度試してみはいかがですか?